• 大阪の交通事故で弁護士に相談するタイミング

    大阪には交通事故問題を専門に取り扱う弁護士がいて、被害者になってしまった相談者を丁寧にサポートしています。


    交通事故に遭うと、怪我や物損、休業により収入の減とその損害は他方面で多大です。
    被害者は、相手に対して損害賠償請求する権利を認められています。



    賠償請求の詳細な中身と相手方との話し合いで決められ、この話し合いが交通事故の示談交渉です。
    実際の示談交渉では、被害者は相手の保険会社と交渉を進めます。
    これは、ほとんどの自動車保険には交通事故を起こしてしまった時に備える示談交渉代行サービスがついていて加害者はそのサービスを使うためです。



    被害者は被った損害分の賠償金を請求したいところですが、相手の保険会社からは少なく見積もった賠償金で合意に持ち込まれることが考えられます。
    というのは、相手の保険会社は加害者からの賠償金を実際に支払う立場にあり金額を極力抑えたいからです。
    被害者は、相手の保険会社から金額を提示されたら内容をきちんと見極める必要があります。しかし、知識がないと金額のチェックは難しいので、大阪で相手の保険会社と示談交渉を行うことになったら交通事故弁護士に相談するのが肝心です。

    大阪の交通事故弁護士は、被害者に代わって示談交渉にあたり提示された金額の正当な引き上げに尽力しています。



    弁護士に相談するタイミングは、示談交渉の決裂などトラブルになってからではなくできるだけ早い段階が安心です。


    交通事故が起きたらまずは怪我人の救護そして警察への届け出も忘れずにします。
    警察では実況見分をし、見分書はその後の示談交渉の中で過失割合の決定に関わるものです。


    大阪で交通事故に遭ってしまったら、事故直後に弁護士相談をしておくことでいろいろなアドバイスがもらえます。